maktub

ume's wanderlust diary

生きる理由、暮らす理由、旅する理由

 

f:id:ume_wanderlust:20170122122225j:image

 

那覇でゲストハウスをする4ヶ月間の中で、本当にいろんな人に出会った。良い意味でも、悪い意味でも、頭ぶっ飛んでる人しかいなくて、「普通」の人は1人としていなかった。そんで、皆、何かしらを抱えて、それでも笑顔で前を向いて生きてた。

 

 

黄色に命を救われたおじさんがいた。

 

なんか上から下から全部衝撃すぎて、「命を救われた」ってどういうことか突っ込むのを忘れてたから未だにそこは謎なのだけれど。

服も、持ってるものも、仕事も、全部黄色。黄色が好きすぎて、カステラをプロデュースしたり、黄色の個展を展いたり。

「この世界に欠かせないものは?」の質問に「黄色」と間髪入れずに答える。

もうすぐアメリカに行って Mr. Yellow に名前を変えるらしい。

 

昨日は沖縄本島の人で、今は石垣で珊瑚保全してる人に出会った。

「海が好きなんですね」って聞いたら、「いや、全然」

え?じゃあ、なんで?って聞くと。

 

「俺クワガタ好きなんだよね」って。

 

クワガタを愛しすぎて、とりあえず沖縄のクワガタを制覇したいから、ちょうどいい感じのタイミングの仕事のオファーを受けたらしい。

石垣島?!行く行くー♡」っつってさ。

 

「これが宮古だったら行ってないよね」

 

そのイケメンのお兄さんは目をキラッキラさせながら、ずっとクワガタについてテンションMAXで語ってくれて。

次はコロンビアに行くらしい。

世界でいちばん凄いクワガタがいるんだってさ。

 

 

なんかさ。

沖縄来てから本当に思うけどさ。

肩の力抜けるよな。いい意味で。

 

理由なんて、どーでもいいんだよ、まじで。

深く色々あーだこーだ考えてる自分が馬鹿らしくなってきた。最近。

だから、家族や元職場の方々や、お世話になった方々には、説明できないし、してないし、しようとしてもできないし、だから半分諦めてるし、「こいつ意味不明」って思われてるんだろうなって。

すごく心配もさせてるんだろうなって。

だから、うまく言葉を紡いで説明したいけど。

 

でもさ。

 

黄色が好きで黄色が人生の全てで、それで食べてる人がいるんだよ?

 

クワガタが好きすぎて、それが行動の全ての理由な人がいるんだよ?

 

理由とか、説明とか、どうでも良くね?

てか、無理じゃね?

僕は、無理。

 

沖縄に来た理由なんて分かんない。

一処にとどまらない理由も分かんない。

動き続けたい発作的なこの感情も分かんない。

何で、あの時君に会いたかったのかも、こうして日々を過ごしてるのかも、分かんない。

 

ただ、そうしたかったから。

それが正しいと確信が持てたから。

 

それは、今も。

 

だから、理由づけするの、やめよ。

 

そんなこと言っといて、考え込むのが大好きな僕の頭は、またちょっと目を離したら暴走して、いろんな理由を探して理屈付けしようとするんだろうけど。

 

それもそれでいいや。

何でもいーや。

全部、良いや。

全部オッケーだよ。

 

理由なんてないよ。

 

ただ、そうしたいからだよ。

それが正しい気がするから。

心地よいから。

ピタッとはまったような気がするから。

 

人生なんてジョークなんだよって

誰かが言ってたな。

人生ノリだよって、誰かが言ってた。

 

そっちの方が良いよな。

どうせ最後に行き着くところは皆一緒なんだし。その時にそっち側には何も持っていけないんだし。

 

裸で生まれた僕らは

死ぬ時だって裸だ

って歌ったのは UVERWorldだっけ。

 

とりあえず。

 

森島和樹曰く。

「一回きりしかない人生

二度目はなしの一発勝負

花咲かせていこうぜ」

 

ってことです。はい。