maktub

ume's wanderlust diary

numb

It has been a while that I don't write my blog, and that I don't write in English. 

 

 

Where is my soul

Where is my spirituality

Where is my Goddess 

 

The moon is hidden behind the clouds

and I am lost in the middle of a sabanna

 

I look up at the sky 

In search of stars

But I can't see none 

 

But they exist

Behind the clouds

Even though I can't see them 

 

I listen to the music of the night 

Sink in in the night

and in the darkness 

I reconstruct myself 

And I find myself once again

 

I look up at the sky

Remembering all the stars

I have seen through my life

 

 

あの場所に

あの夜

刻みつけた

あの想いは

いまもあそこで

鼓動を放っているのか

 

こんな夜に

あの山たちは

どんな言葉を

話しているんだろう

 

刻みつけた想いは

いまも変わらず

あの場所に

きっと

強く、深く

存在していて

 

過去と未来と

繋がって。

 

あの想いを

何度も回収しようと

何度もあの場所を

訪れようとしたけれど

 

あの場所が

立ち入りを許してくれない

いつも、阻まれる

 

目を閉じると

いつもあの場所に戻る

 

理由も言わずに

何時間も

ただ座り続けた私を

問うこともせず

ずっと待ってくれた

 

あの夜もこんな

満月の夜で。

 

あの場所に

還れる日は来るんだろうか

 

心が平穏を求める時に

いつも潜り込むのは

あの沢山の夜の時間

 

匂い

風の温度

空気

目に見えるもの

 

あの場所に刻みつけた。

 

すべて

 

そのすべてを

言葉に紡ぎ出して

形にしたいと

思う

 

いつか

結局行き着くんだろうか

還ることを

許される日はくるのだろうか

 

結局

すべて

あの夜にあるのだろうか

 

ただ、

横たわって

空を見上げて

あの夜に沈む

 

すべての夜が

あの夜に繋がってる

 

そんな

とりとめもない

想いのカケラ

思考のカケラ

 

それを集めて

星の見えない夜を飾る

 

どこまで行っても

空は空で。

夜は夜で。

私は私で。

君は君で。

 

変わりゆく日々の中で

変わらない何かを愛せたから

僕等は一緒にいる

 

なんて誰かの言葉を思い出した