読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

maktub

ume's wanderlust diary

好きなこと

なんで「幸せに毎日楽しく生きてる」

っていうのが多くの人にとっては十分じゃないんだろう?

 

仕事は?将来は?キャリアは?

もっと真剣に考えなさい。

別にバイトしてフラフラしてるだけなら地元でもいいじゃない。

なんでわざわざそんな所にいるの?

 

あのね、でもね、思うんだけどさ。

別にどこでもいいんだったら、

地元じゃなくてもいいよね?

自分が行きたいところでいいよね?

 

確かにずーっとこのままはいけないのかもしれない。

でも旅をする中で、

幾つになっても

こんな生活をしてる人たちを

たくさん見てきているのです。

そしてそういう人たちは皆

キラキラと楽しそうなのです。

 

それにね。

そういう忠告をしてくれる人達を見ても

全然幸せそうでもないし、

楽しそうでもないのです。

 

一回しかない人生楽しいほうがいいじゃんね。

 

 

 

って言う記事を下書きにしてたのが

数ヶ月前のことでして。

改めて今日それを思った。

 

社会に順応しなさい、とか

普通に会社に行って働いて、とか

せっかく大学行ったんだから、とか

普通に〜しなさい、とか

社会的に〜するべきでしょ、とか

 

とんでもない恐怖感を覚える。

久しぶりに、そういう言葉を投げられて

驚くくらいにパニックを引き起こした自分がいて

 

「無理なの、本当に無理、

ごめん、本当にごめん、無理

嫌だ、無理無理無理無理」って

号泣しながら過呼吸になりかけて。

 

それくらい、怖い。

なにが?なんで?

 

檻に閉じ込められるのが。

鎖をクビに巻き付けられるのが。

羽を押さえつけられるのが。

 

怖くてたまらない。

恐怖でしかない。

 

なんで?

分からない。

 

自由でいたい。

軽くありたい。

透明でありたい。

常にそう思ってきた。

 

それを、最近は生きている。

だから、巻き取られて

沈めこまれるのが怖いのか。

せっかく手に入れた自由を

もぎ取られたくない。

 

というか、今更そっち側に行けない。

もう歩き始めてる。

私の道はここだから。

 

強くあろうと思う。

柳の木のように。

風が吹いて枝を揺らしても

折れることのない木のように。

雪の下咲く梅の花のように。