読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

maktub

ume's wanderlust diary

いろいろ

モデル辞めたことに後悔はない、

東京から出たことも、

沖縄移住したことも、

石垣に移り住んだことも、

京都に戻らんって決めたことも、

旅をしようって決めたことも、

全部後悔はない。

 

「うちらがしたくても出来ひんこと

鹿田がやってくれるから、

せやから、うちらは希望持てる、

毎日を頑張っていける」

 

って言うてくれた親友たちの言葉

それが、うちが動き続ける原動力。

 

「梅ちゃんが梅ちゃんでおってくれるから

うちはこんな自分でもええんやって

救われたから、

いつまでもそのままでおって」

 

って言うてくれる友達がたくさんおるから

せやから自分に正直に

気の向くままに流れて行こうって思える。

 

それでもやっぱ

何しとんのかなーって思うことあるし、

迷子になっとるって感じることもある。

今はそんな時期。

 

自分の心の声が聞こえへん

何がしたいのか

何を求めとるのか

何を欲してるのか

分からへんくなるとき、あるよ。

 

人間やもん、当たり前よな。

まだ子供やもん、普通よな。

 

この限りある人生の中で

うちは何がしたいんやろうか。

何を感じて、何を見て、誰と過ごして

それでどこへ向かいたいのか。

 

高校の時に戻りたいって

そう、いつも心のどっかで思ってまう。

あれが自分の完成系やったって

どっかで思ってしもてる自分がおる。

 

でも時は流れるし、

人は同じではおれへんし、

前に進んでいくしかない

そんな人生ってもんの中で

 

葛藤抱えて、

寂しさ抱えて、

迷いを抱えて、

それでも笑って

 

でも、それもしんどい時、あるよ。

 

いつも笑ってはいられんよ。

いつも強くはおれんよ。

いつも分かってるわけじゃないよ。

いつも理解してるわけじゃないよ。

 

上がって下がって、

そんな普通の人間やもん。

 

救うだけじゃなくて

救われたいって思う。

 

ほんまに欲しいものは手に入らん。

ほんまに求めとるものは

もう過去のものになってもうてる。

 

過去に生きることはできひんし、

まだこない未来を生きることもできひん。

「今」しかないんやから

今この瞬間、ちゃんと命燃やして

明日死んでも後悔無いようにって。

 

だからこそ、うちはうちであり続けたいと思うし、

だからこそ、自分の指の間から溢れていくものがあっても

そのカケラたちが指先をすり抜けるときに

少しでも温かく、優しく、愛を与えてって

そう思って生きてる。

 

誰かを救うことで救われとるのは、

うちやねん。

 

あんたらは、うちがあんたらを救ってる

って言うてくれるけど、

その言葉で救われとるんは、

ホンマはうちやねん。

 

せやから、ほんまにありがとう。

こんなうちに、救われてくれて、ありがとう。

 

 

こういう迷子の時期は

今までにも何回もあったから

気づいたらまた元どおりになってることも、

この迷子の時期があるからこそ

自分が何を求めてるのか

理解できるってことも分かってるねん。

 

せやから、うちは大丈夫。

大丈夫じゃないけど、大丈夫。

迷子やけど、迷子じゃない。

 

帰るところはたくさんある。

だからこそ、帰るところがないって感じる。

でも、帰るところはあるねんな。

全部自分の気分と考え方やねんな。

そんなこと分かっとんねん。

それでも悩むのが人間やし、

それでも悲しくなったり、

寂しくなったり、

不安になったり。

それが人間やん?

 

うちも普通の人間やねん。

 

ツヨガリ

あんたが歌ってくれた

あの歌詞の中の女の子は

まだ、ここにおる。

形を変えて、ここにおる。

ずっと、多分、おる。

それがうちやから。

 

そんなうちも

全部ひっくるめて、

あんたらも全部ひっくるめて、

弱さも強さも、ツヨガリも

全部ひっくるめて

うちは人生ってもんを、

自分ってもんを、あんたを、人間ってもんを、

愛しとるんよ。

 

なんか、そんな感じ。

人は完璧じゃないよって。

常に光ってるわけじゃないよって。

そんな当たり前のこと、

改めて伝えていきたいなって

何となく、そう思った、

そんな夜です。

 

鹿田は元気です。

迷子やし、ストレス溜まりすぎて

吐き気止まらん日が続いてるけど、

総括して楽しいし、元気です。

どっちやねんってな。笑

 

だから、あんたらも、

いっぱい泣いてな。

そんで泣き疲れたら笑おうな。

泣くとかも、笑うときも、

1人じゃないって思えたら

怖くないもんな。

 

たくさんの大好きと

たくさんのありがとうと。

結局人生はいつもシンプル。

 

さぁ、笑って。