maktub

ume's wanderlust diary

朝の一コマ

二度寝した後の起床は

基本的にZulかSharが起こし合うところから始まる。

 

で、「うめ。amer。起きろ!」

U.A. 「。。。」

S「うめ!Amer!」

A「。。。」

U「むりぃ。。。」

 

窓から見える外の景色。

灰色の空。

強風。

今にも雨降りますよ的お天気。

 

z s「うめね!起きるよ!」

u「むりぃ涙 今日休みたい涙」

この会話を5〜6回繰り返した後

(半分あきらめモードに入って)

u「お水、、欲しい」

 

この時点でまだ皆布団の中。

 

u「お水のまな起きれへん」

z「あーー!もーー!」

 

起き上がってお水持ってきてくれる

 

何とかして座って水飲む

まだ布団からは出ない

 

気付いたら着替え終わってるSharとZulに囲まれる。

 

s z 「ほら、うめ、仕事行くよ」

u「頭クラクラするー、ほんまに無理ー涙」

z「お金貯めてシドニー行くんやろ?ほら、頑張るぞ」

u「ふぇぇぇ(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)」

z「お金貯めてバイロンベイ住むんやろ?」

u「、、ぅん(小声)」

s「ほら!うめね!起きて!10箱作るぞ!」

u「ほんまにむりー涙」 布団にダイブ

 

その間Amerはまだ布団の中で頑張り続ける

 

SharとZulに布団ひっぺがされて

笑いながらお水かけられそうになる

u「いやー!むりー!起きる起きる!」

そこから皆でAmerを叩き起こし

「じゃ、皆仕事行ってらっしゃい♡」っていって部屋に閉じこもろうとするZulを、

脅し、すかし、無理やり着替えさせ準備させ

皆で半泣きなりながら

 

なんとか車に乗り込み。

 

はい、またいつものプランティングの1日です。

お金貯めるぞー

頑張るぞー

(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

広告を非表示にする