maktub

ume's wanderlust diary

ステレオタイプと偏見

 Stereotype and prejudices 

 

大学の時に散々勉強したテーマ

 

A theme that I had studied so much during my university. 

 

理屈も、仕組みも、成り立ちも

頭では、知識では、理解してるのに

いざそれを目の前にすると

もうどうしていいのかお手上げ状態。

 

Even though I understand its logic, its system, its origins, as a knowledge, 

I really don't know how to deal with it when I face it in person... 

Thus I was keep thinking, thus I wrote this.

 

身近な人にこんなに深く

ステレオタイプや偏見が隠れていたなんて

知ってしまったことにもショックを受けるし

言葉っていうのはこんなにも

人の心に届かないものなのかと思って

またショックを受ける。

 

I was schooled to know such deep stereotypes and prejudices were hidden just around the corner, so close to me. 

And I was schocked to know how a word is useless when the other shuts down mind and heart. 

 

ステレオタイプも偏見も

元を正せば間違った情報

それがそもそもの原因。

 

 Both stereotypes and prejudices are rooted from the "wrong information". That is the cause. 

 

そして、間違った漠然とした情報なんて

ちゃんとした理論も根拠もなくて

とりあえず、そこら辺にあるもの

全部かき集めて自分に都合よく

部分的にピックアップして

繋ぎ合わせて、切った張って、

そうやって作り上げたものに過ぎなくて。

 

And such "wrong information" is just a tapestry of flaunting information that has no logical line between them, which has been cut and pasted, edited and pasted based on one's interest and specific purpose. 

 

それを人は、渡されたそのまま

全部鵜呑みにしてしまうし、

それを悪いこととは言わないけれど、

聞く耳を持つことは、

どんな状況でも必要で。

 

People tend to take in whatever they had been given, without questioning anything about it. 

I do not say a person to do such action is guilty, but it is crucial to have an ear to "listen" no matter what is the circumstances. 

 

例えそれが自分にとって

全く理解の範疇を超えるものであるとしても

とりあえず一度感情を傍にいて、

改めて自分の意見を

構成し直す機会と捉えて

とりあえず一回全部聞く。

それが何よりも大事なこと。

 

Even though that is something out of comprehension, unimaginable and unthinkable thing, 

it is important to put one's emotions aside for a second, and truely "listen" everything that the other has to say.

One should take such an opportunity for reconstruct their own image and concept for the discussed matter. 

 

ステレオタイプと偏見の二つ目は、誤解。

言葉と認識の相違。勘違い。

自分が思っていることと、

相手が思っていること。

言葉は同じでも、そこに付与される

言葉の定義や意味や重みは

人によって異なるもので。

 

The second cause of stereotypes and prejudices are "misunderstanding". 

The difference of perception one has towards a word or idea. 

What "I" think and what "you" think. 

Even though a word is same, the meanings attached to the word, the weight it carries, the concept, differes between individuals. 

 

だからこそ、一度聞く。

聞いた上で自分で調べる。

調べた上で、改めて話し合う。

その上で最終的に自分個人の意見を持つ。

 

That's why you must to "listen". 

Listen and make your own research based on what you have listened. Then discuss about it based on information you have gathered and constructed. 

And only then, you will carry your own opinion. 

 

 

でも、人は知っていると思い込む。

 

But people believe blindly that "they already know". 

 

日本有数の大学で学んで、学士もとって、

実際に現地の人々と過ごして話して、

自分で様々な手段を使って

調べて、聞いた話と照らし合わせて、

さらに調べて、調べたことを元に考察を立て、

そしてまたさらに、その考察を

調査と聞き込みを通して補強・修正し。

 

Studied in the university, 

took a degree about such matter,

actually spent time with local people and talked with them, 

 

using different methods and devices I researched, listened, compared what I have researched and what I have listened, researched again, built an own theory based on what I had researched, 

once again research and listen further more to fix and strength my theory...

 

その私よりも、

ニュースで見た情報しかないあなたは

「事実を知っている」という。

「あなたは何もわかっていない」

「洗脳されているだけだ」と言う。

 

And yet, despite all of this, you, whom gathered information only based on news and social media, come to me and say,

"I know better than you". 

"You are not understanding",

"You are only brainwashed". 

 

そうだろうか。

学士も、研究も、根拠も、

何も、意味をなさないのだろうか。

ニュースなんて、メディアなんて

情報操作されまくっているのに?

 

Is that so? Is that true? 

A degree, researches, references,

all of this does not have any meaning for people? Any weight? 

Even if many of the news and media are full of manipulation? 

 

現地の人から情報を得れば「洗脳」と言い、

調査・研究・勉学に励んでも「洗脳」と言い。

 

It is a "brainwash" if I get information from locals ans specialists. 

It is a "brainwash" even if I research, study, lean. 

 

教育や学問はどこにある?

結局、そんな理論も理屈も

感情論の前には無意味なものなの?

 

Then in where does education and academic exist? 

Are, after all, all these logics and theories meaningless in front of the emotions? 

 

結局、信頼性のある筋から得た情報でさえ

相手方の仲間内から出た情報でなければ

信じるに値せず、なのであれば。

洗脳されているのはどちらなのか。

自由とは一体なんなのか。

分からなくなる。

 

If, in the end, people can not trust information from a trustful references, if the sources do not come from your own people, 

then who is the one "brainwashed". 

What is the meaning of "freedom"? 

I don't know anymore. 

 

もちろん、ステレオタイプや偏見を持つ人を

批判することは正しくない。

それは正しい解決法では、決してない。

 

Of course, accusing people with stereotypes ans prejudices are not "right thing" to do. 

That is defiantly NOT a right solution for the problem. 

 

人は自分の色眼鏡を通してしか

世界を見ることはできないし、

その色眼鏡は社会と文化と

習慣と経験によって色付けられていく。

それをつけていることすら、人は気づかない。

そんな人を、どうして非難できる?

ただ、知らないだけなのに。

 

People can only see the world through their own coloured-lenses.  

Lenses are painted by social norm, culture, customs and personal experiences. 

And  people don't even realise to have such lenses on. 

How come you can blame and accuse such people? They just don't know...

 

でも、人は理解し合おうとすることを

諦めたら絶対にダメだ。

分かり合おうとしなくていい。

そんなの意見の押し付け合いになるだけ。

理解しようとすること。

そうすると人は話そうとする。

相手は聞こうとする。

そのプロセスが大切。

 

But people must not give up on trying to comprehend the others. 

You don't need to understand the other. 

That's only leads to forcing one's opinion over the other, in order to change other's opinion. 

You try to comprehend. 

So you will try to explain. 

So you will try to listen. 

That process is the most important. 

 

その上で、人は自分の個人的見解を

個人として持てばいい。

それを他に押し付けようとした時点で、

自由という大義名分の元に

相手の自由を潰し

自分の主張と生き方を押し付けてるだけ

ということに気づかないといけない。

 

And only then, you can have your own individual perspective, "as an individual".

On the moment you try to force the other to see the world in the way you see, one should realise that he is using the name of "freedom" in order to take away the other's freedom, and to force the other to see and live the way hw wants the other to live. 

 

簡単なことじゃない。

でも人は分かり合える。

本当に悪い人なんていない。

そういう意識を持ち続けないと

きっと、理解し合うことなんてできない。

 

It's definitely not easy.

"But people can comprehend one another". 

"There's no evil person in this world". 

If you don't start from that point of view,

how come we can understand one another? 

 

勘違いのせいで、知らなかったせいで

誰かを憎むことも、嫌いになることも、

そのせいで傷つくことも、無意味なこと。

人生が、勿体無い。

命が、勿体無い。

 

Because of misunderstanding,

because you don't know,

you start to hate someone, dislike someone, and because of that you hurt yourself...

All of this is useless. 

Don't waste your life. 

Don't waste your soul.  

 

教育とは、

学問とは、

研究とは、

学びとは、

自由とは、

個人とは、

社会とは、

文化とは、

一体なんなのか。

 

What is

education,

academics,

researches,  

learnings,

freedom,

individal,

society,

culture,

 

what are they in the end of the day? 

 

 

何ができるのか。

What can we do? 

 

結局、最後は祈るしかない。

優しい世界になるように。

全ての人が愛さる世界に。

全ての人に優しい世界に。

 

In the end, you can only pray. 

Pray for the world to be a kind place. 

Pray the world to be a lovable place for everyone. 

Pray the world become a kind place for everyone. 

 

Maktub...

 

 

これは誰に向けた批判でもなく、

自分と、世界に対する戒め。

改めて、自分に向けた叱咤激励。

頑張らないと。

強くならないと、優しくなんてなれない。

だから、強くならないと。

 

This is not a criticism for anyone. 

It's only a reminder for myself.

And for the world. 

A word to spurred myself, to try harder. 

You cannot be gentle unless you are strong. 

Thus I must be strong. 

 

皆を守れるようになるために。

皆に優しくいられるようになるために。

ごめんね。

頑張るね。

だから、あなたも、

「わたし」を、諦めないで。

To be able to protect everyone. 

To be able to be gentle for everyone. 

I'm sorry for hurting you because of my weakness. I'll try by best.  

Thus, you too, please don't given up on me yet.