maktub

ume's wanderlust diary

不安と選択

オーストラリア上半期は本当に選択の連続で。

いつからって言われたらね、

もう分かってるのさ。

全ては4月末の小さな小さな、

でもとても大きな出来事から始まった。

 

でも、本当の根本の

もっと大元のきっかけとなった日は、

もっともっと遡って、

高校1年生の時なんだな。

 

2009年の夏、奈良先生の

世界史Bの授業中。

 

ちょうど、ローマ帝国時代が終わって

ウマイヤ朝を勉強していたときかな。

 

あの気だるい教室の、

昼休み明けの雰囲気と

奈良先生の言葉や表情、

覚えているよ。

 

そもそもの、本当のきっかけは

いったいいつ?なんで?と聞かれたら

間違いなく、この瞬間。

それが、答え。

 

 

不安はないの、とか

ちゃんと考えたの、とか

もっとゆっくり考えたら、とか

そういうことを言われたら

バカなんじゃないのって

答えちゃうかもしれない。

 

だってさ。

 

不安に決まってるじゃん。

不安ばっかりで、

お腹痛くて痛くて

眠れない日だってあるし、

泣きそうになっちゃう日だって

そりゃもうたくさんあるし、

軽く鬱っぽくなっちゃう時だってある。

 

めっちゃ考えた、

っていうか今もずーっと

考えて考えて考えて

考え続けてるに決まってるじゃんね。

 

そうやって考え続けたところで

答えなんて全く出てこなくて、

『この先の答えを知りたいなら

リスクを覚悟で飛び込みなさい

じゃないと一生ここから

前にも後ろにも進めないよ』って

そういうところにいるんだよって。

 

っていうか、

今までもずっとそうだったのさ。

 

選択肢は与えられるけど、

私に選択の余地なんてない。

半泣きになりながら

それでも進むしかなくて、

そうやって進む上で

切り捨てないといけないものも

本当にたくさんあった。

 

それを本当に深く、

ちゃんと分かっている人は

本当に極少数しかいないはず。

その筆頭は、石垣島の、君だよ。

あの時は支えてくれて

私よりも私を理解してくれて

背中を押してくれてありがとうね。

 

 

でも今回は少し違ってて、

選択肢を与えられた。

選択肢を与えるだけ与えた後は

完全に静かになっちゃって。

完全に私の答え待ち。

 

『決めなさい』って。

『あなたがずっと昔から

泣きながら私に

道を教えてくださいと懇願した、

その道の入り口まで連れて来たよ』って。

『この入り口を通るかどうかは

あなた次第だよ』って。

『決めなさい』って。

 

しかも優しい神様は

道だけじゃなくて

その道を一緒に導き歩いてくれる

灯さえ、ちゃんと準備してくれてた。

 

その灯りを手にとって

一生手放さない覚悟。

その灯りが消えそうになったときには

私が油を注いで、

しっかり灯が消えないように

見守って、愛を与えて、

信頼して、歩き続ける覚悟。

 

そして、この入り口を通ったら

もう後ろは振り向かず、

前だけ見つめて歩いて行く覚悟。

 

そういう覚悟を決めなさいよって。

その覚悟が決められるまで、

全部とりあえずストップしておくからって。

でも時間は有限だから

いつまでストップがかかるか

あなたには分からないんだよって。

だから、ゆっくりしすぎちゃダメよって。

 

そういうことを、細い細い糸を通して

ゆっくりゆっくり

静かに、でも優しく、

伝えてきてくれてる。

 

 

できるだけ心に従って

感覚に従って生きて行くようにしてきた。

あの、事故にあって

命は有限でいつ終わるかなんて

誰にも分からないと知った日から。

 

私は自由を失うんだろうか。

それとも自由への

長い長い片道切符を

手に入れるんだろうか。

 

選択をする上で、

何も考えていないと思われることも

多いんだろうと思うけれど、

本当にたくさん、たくさん、

考えているんだよ。

その上で、心に従うって

毎回決めてるんだよって。

 

その私の『命』の声は

誰にも批判できないし

誰にも反対させられないよね。

誰も、私の『命』の選択なんて

取れないんだから。

 

『命』は私のもの。

私だけのもの。

でも、いつかお返しするもの。

この世において、

与えてもらって

お借りしているもの。

 

だからこそ、私は『命』に対して

大きな責任がある。

 

覚悟を決めろ

肚を決めろ

 

選択の前なんて

考えたところで

分かるものなんてほんの少し。

選択しちゃわなければ、

何も見えてこない。

 

だから、迷って当たり前。

不安になって当たり前。

 

でも、静止した水は

石を投げ入れ、波を立てないと

いつまでも静止したまま。

そうして、少しずつ

腐っていってしまうんだよって。

 

そういうことなんだな。

 

導かれてるんだから、

その自覚もあるんだから、

細かい人の意見に左右されてるなよってな。

嫌われたっていいのにね。

 

どうせそういう人は何を選択したって

気にくわなんだから。

その人の人生を代わりに生きてあげて

初めてようやく

嬉しそうな顔を見せるんだから。

 

って、一体何年、考え続けてるんだろう。

本当の自由は、そこから。

そうだ。

本当の自由はそこからなんだ。